女性と「生きづらさ」 ‐依存症臨床の現場から‐ 『生き延びるためのアディクション』出版記念

  • 信田 さよ子(原宿カウンセリングセンター所長)
  • 大嶋 栄子(NPO法人リカバリー代表)
講師詳細

 薬物やアルコール、買い物や食べ物、ギャンブルや性への依存は、生き延びていくためのひとつの道だった――
 依存症臨床の現場では、まるで「嵐」のような厳しい現実を、それでも生き抜いていこうとする女性たちとの出会いがあります。共に彼女たちと向き合ってきた、カウンセラーの信田さよ子さんとソーシャルワーカーの大嶋栄子さんの対話から、「女性と生きづらさ」を読み解くためのヒントを探ります。

★大嶋栄子『生き延びるためのアディクション』(金剛出版)出版記念講座。講座当日書籍を販売予定です。
 http://kongoshuppan.co.jp/dm/1727.html

〈注意事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
・オンライン講座の申し込みは開講日の3日前までHPのみで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、本講座はZoomを使用したオンライン講座として行うことになりました。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・新型コロナウイルスの影響により、3/18(水)は休講になりました。6/4(木)19時から補講を行います。当初の予定と曜日が異なります。ご注意ください。

日程
2020/6/4
曜日・時間
木曜 19:00~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,400円
その他
・パンフレットに記載のない講座です。

講師詳細

信田 さよ子(ノブタ サヨコ)
1946年岐阜県生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程修了(児童学専攻)。駒木野病院勤務などを経て、1995年原宿カウンセリングセンターを開設、現在所長。臨床心理士。アルコール等の依存症のカウンセリングにかかわってきた経験から、家族の関係についての新しい提言を行う。著書に『アディクション・アプローチ』『依存症』『DVと虐待』『家族収容所―愛がなくても妻を続けるために』『母が重くてたまらない-墓守娘の嘆き』『父親再生』『タフラブという快刀』、『結婚帝国・女の岐れ道』、『それでも、家族は続く』、『加害者は変われるか』、『さよなら、お母さん 墓守娘が決断する時』『共依存』『傷つく人、傷つける人』『愛情という名の支配』『カウンセラーは何を見ているか』『依存症臨床論』『アディクション臨床入門』『母からの解放 娘たちの声は届くか』『家族のゆくえは金しだい』ほか
大嶋 栄子(オオシマ エイコ)
NPO法人リカバリー代表。日本医療大学講師、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所客員研究員。主著『生き延びるためのアディクション―嵐の後を生きる「彼女たち」へのソーシャルワーク』(金剛出版)、『その後の不自由――「嵐」のあとを生きる人たち』([上岡陽江との共著]医学書院)、『嵐の後を生きる人たち』(かりん舎)ほか。