経済学史入門 現代経済学の最先端-朝カルオンライン

  • 野原 慎司(東京大学准教授)
講師詳細

 現在我々が生きているのは、資本主義社会です。資本主義を理解するのが経済学です。ところが、現在の経済学は、極めて抽象的なモデルに基づいて議論するがために、資本主義の大筋での本質的な理解が何かが分かりにくくなっています。しかし、過去も現在も、経済学者は、豊かさの実現や不況や失業など、それぞれの社会が抱える具体的な問題に取り組むなかで、資本主義の本質を理解しようとしました。そのような時代背景に基づいて、経済学を理解しますと、資本主義とは何かが、一般の人にも腑に落ちるようにして、生き生きと理解することができます。過去から現在の主要な経済学の立場を分かりやすく振り返り、経済学と資本主義を大づかみで理解するのが、本講座の狙いです。 (講師・記)2020年1月期開講

<講座スケジュール>

第4期 現代経済学の最先端

第10回 10月28日 新古典派(新自由主義)
第11回 11月25日 ゲーム理論と行動経済学
第12回 12月16日 資本主義の未来

<ご案内事項>
・教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウエビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座になります。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の1日前まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・開講日の前日夕方にメール登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。



お申し込み

注意事項

教室での対面または、Zoomを使用してオンラインでも受講できるハイブリッド講座になります。メールアドレスの登録がある方には全員Zoom招待状をお送りしますので、ご都合の良い方法でご参加ください。後日の配信はありませんのでリアルタイムでご視聴ください。

日程
2020/10/28, 11/25, 12/16
曜日・時間
水曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
持ち物など
<参考書>『経済学史-経済理論誕生の経緯をたどる』野原慎司・沖公祐子・高見典和 著 (日本評論社):ご希望の方は各自でお求めください。
     
その他
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

野原 慎司(ノハラ シンジ)
大阪府出身。専門:経済学史、アダム・スミス、資本主義思想史。東京大学大学院経済学研究科准教授。京都大学経済学部卒業、京都大学大学院経済システム分析専攻博士課程修了、経済学博士(京都大学)。著書に、野原・沖・高見『経済学史』(日本評論社、2019年)、Shinji Nohara,Commerce and Strangers in Adam Smith (Springer, 2018)などが、論文に、"Adam Smith's science of commerce:the effect of communication" Adam Smith Review, 11などがある。その他、ケンブリッジ大学visiting scholar、東京大学ExecutiveManagement Program講師・修了生などでもある。