ヴィオラを語る これで貴方もヴィオラ通
  • 教室・オンライン同時開催

  • ©︎Itaru Hirama
  • 安達 真理(ヴィオラ奏者)
講師詳細

 ヴィオラ。長年ヴァイオリンやチェロの華やかな活躍の影に埋もれていた、存在感薄めな弦楽器。天皇陛下が演奏される楽器として存在を知った方も多いのではないでしょうか?ソロ、室内楽、オーケストラとマルチに活躍するヴィオラ奏者の安達真理が、そんな楽器の魅力を多角的にお伝えします!(講師・記)

1)ヴィオラの基礎知識 (講義のみ)
ヴィオラという楽器の歴史、ヴァイオリンとヴィオラの違い、ヴィオラジョーク、ヴィオラを世に知らしめたパイオニアたち、有名曲の紹介、ヴィオラを選ぶ演奏家の心理と葛藤など。

2)ヴィオラ演奏の基礎知識 (講義中心、一部実演あり)
ヴァイオリンとヴィオラの演奏上の技術的な類似点と相違点、ヴィオラらしい音とは、様々な形態におけるヴィオラ奏者の役割、ヴィオラ演奏に向いている人と向いてない人、ヴィオラのソロ楽器としての魅力など。

3)ヴィオラ実演 (実演中心)
ヴィオラの定番曲 (ヒンデミット、ヴュータン、ブラームス、ショスタコーヴィッチなど) の一部を、ヴィオラパートのみ(ピアノ伴奏なし)でじっくりと聴くことで、ヴィオラという楽器のポテンシャルをより感じていただきながら、作曲家がヴィオラという楽器を通して何を表現したかったのかという音楽の真髄に迫ります。


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
・メールアドレスの登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/10/10, 11/7, 12/12
曜日・時間
月曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,659円 一般 13,959円
設備費(税込)
495円
その他
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

安達 真理(アダチ マリ)
東京を拠点に、ソリスト、室内楽奏者として幅広く活動するなか、2021年日本フィルハーモニー交響楽団ヴィオラ客演首席奏者に就任。2018年発表の『Winterreise』に続いて、21年に『J.S.バッハ 組曲&パルティータ』、今年1月に『MY DEAR MARI ADACHI PLAYS FUMIO YASUDA』をリリース。
国内外で研鑽を積み、13年からはインスブルック交響楽団にて副首席奏者を2年間務めた。16年よりパーヴォ・ヤルヴィ氏率いるエストニア・フェスティバル管弦楽団に参加している。
19年には熊本城ホール開業記念公演で坂本龍一、藤原真理の各氏とピアノ・トリオを演奏し、その模様はNHK-BSプレミアムで放送され話題となった。https://www.mariadachi.com