寄席文字で年賀状

  • 橘 さつき(橘流寄席文字一門)
講師詳細

寄席のめくりなどで目にする、丸みを帯びて太くくっきりと書かれている独特の文字「寄席文字」。「大入りになりますように」との願いを込め、紙を客席に見立て墨黒々と隙間なく書きます。また縁起文字ともいわれ、「業績が上がりますように」と右肩上がりに書くのが特徴です。
一年のはじまりの挨拶を、縁起のよい寄席文字で書いてみませんか。新年の挨拶にふさわしいおめでたい言葉を講師の作例に習って書きます。

◆こちらの講座は「書いてみよう寄席文字」のクラスと一緒に行います。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

教材の準備がありますので新規の方は5日前までにお申し込みください。

日程
2020/11/24
曜日・時間
第4週 火曜 15:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
持ち物など
<各自ご用意>年賀状もしくはハガキサイズのカードを数枚。寄席文字用の小筆、墨汁、筆巻か筆入れ(筆持ち帰り用)、手拭き。
※寄席文字用の筆は当日予約の方(予約先:03-3344-1946に寄席文字の筆を予約とお伝えください)に教室内で販売いたします。※1,500円位の予定。

講師詳細

橘 さつき(タチバナ サツキ)
橘流寄席文字一門。橘流寄席文字家元直門の橘右橘門下。
静岡県生まれ。平成22年より東京都荒川区の匠育成事業にて橘右橘のもとに入り、平成29年1月、橘流寄席文字一門の認めを得て一門となる。同師匠のもと、引き続き江戸文字全般を学ぶ。