ポストコロナの世界と中国経済  米中新冷戦・体制間競争の行方、ウクライナ情勢も視野に
  • 教室・オンライン同時開催

  • 駒形 哲哉(慶応義塾大学教授)
講師詳細

 トランプ政権下で激化した米中対立は、貿易摩擦から技術、安全保障をめぐる覇権争いへ、さらには人権という普遍的価値観をめぐる対立へと「発展」しています。2022年初春段階でなお終息しないコロナ禍のなかで、政治経済社会のありかたに対する、これまでの「常識」が覆され、過去の冷戦に勝利してきた自由主義経済の優位性が揺らいでいます。経済産業面では、国家資本主義的体制を強化する中国へ向かう磁力が働いており、国際政治と経済のベクトルのねじれが生じています。この講座では、コロナ禍で渡航が制限され「ブラックボックス化」している中国経済の動向を探りつつ、米中新冷戦と体制間競争の行方を、皆様と一緒に考えてみたいと思います。(講師記)


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline001@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline001@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【asaculonline001@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座は受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/6/4
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

駒形 哲哉(コマガタ テツヤ)
1965年生まれ、慶應義塾大学経済学部卒、同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学、博士(経済学)。(財)霞山会職員、獨協大学経済学部専任講師、慶應義塾大学経済学部准教授などを経て、現職(慶應義塾大学経済学部教授)。2021年10月より経済学部長。著書に『中国の自転車産業 「改革・開放」と産業発展』慶應義塾大学出版社、2011年(樫山純三賞、慶應義塾賞受賞)、『移行期中国の中小企業論』税務経理協会、2005年(中小企業研究奨励賞経済部門本賞受賞)『中国産業論の帰納法的展開』同友館、2014年(共編著)、『自転車に乗って見る日中経済――コロナを超えて』霞山アカデミー新書、2021年などがある。