唯識入門 玄奘三蔵「こころ」の仏教

  • 吉村 誠(駒澤大学教授)
講師詳細

 「唯識(ゆいしき)」とは、あらゆる存在はただ心のあらわれであるとみて、自己の心のありかたを変革しようとする仏教の思想です。唯識は4~5世紀頃にインドで大成し、6~7世紀には中国に伝えられました。唯識を中国に伝えた最大の功労者が、「西遊記」のモデルとして有名な三蔵法師・玄奘(602-664)です。
 唯識は中国で独自の発展をとげ、韓国や日本など東アジア全域に広まり、今日でも仏教の基礎学として学ばれています。この講座では、玄奘が生涯をかけて追究した唯識思想の概要を紹介します。(講師・記)

この講座は終了しました
日程
2019/12/21
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
その他
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

講師詳細

吉村 誠(ヨシムラ マコト)
1969年、東京都生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。現在、駒澤大学教授。著書に『中国唯識思想史研究―玄奘と唯識学派―』(大蔵出版、2013年)、訳書に『続高僧伝Ⅰ』(大蔵出版、2012年)、主な論文に「唯識の思想史的意義」(『新アジア仏教史7 中国Ⅱ 隋唐』、佼成出版社、2010年)、「中国唯識思想史の展開」(『シリーズ大乗仏教7 唯識と瑜伽行』、春秋社、2012年)などがある。