古代北方史・アイヌ史への招待

  • 蓑島講師
  • 蓑島 栄紀(北海道大学准教授)
講師詳細

北海道を中心とする古代の列島北方地域は、倭・日本やユーラシア北方と予想外にさかんな交流を繰り広げていました。現在、こうした「古代北方史」を、先住民族の歴史としての「アイヌ史」の一部という視角からとらえることも課題となっています。古代北方世界を取り巻く多彩な交易・交流の姿に光をあてながら、「アイヌ史における古代」の概要と特徴について考えます。

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2020/3/10, 3/17
曜日・時間
火曜 15:00~16:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 4,180円 一般 4,180円
持ち物など
※資料代実費

講師詳細

蓑島 栄紀(ミノシマ ヒデキ)
國學院大學 文学研究科博士後期課程修了。博士(歴史学)。苫小牧駒澤大学教授を経て、2014年4月より北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授。専門は日本古代史、北方史。著書に『古代国家と北方社会』(吉川弘文館)ほか、共著に『岩波講座日本歴史 第20巻 地域論』『北から生まれた中世日本』『日本古代の地域社会と周縁』『アイヌ史を問いなおす―生態・交流・文化継承』など多数。