『万葉集』巻九を読む ―人麻呂歌集と高橋虫麻呂の伝説歌

  • 月岡講師
  • 月岡 道晴(國學院大學北海道短期大学部教授・歌人)
講師詳細

『万葉集』巻九は人麻呂歌集所載歌などを含む歴史性に富んだ巻です。とくに虫麻呂歌集に典拠を持つ伝説歌には、他巻にない物語的な背景を持つ長歌の達成が見られます。今期は1690番辺りから読んでいきます。
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/7, 11/11, 12/9, 1/6, 2/10, 3/30
曜日・時間
月曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 11,880円 
持ち物など
※資料代実費
その他
※10月・1月は第1週、11月・12月・2月は第2週、3月は第5週の月曜です。

講師詳細

月岡 道晴(ツキオカ ミチハル)
長野県出身。國學院大學大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期単位取得。同大学院教務補助員、國學院短期大学非常勤講師、専任講師を経て現職。著書(共著)に『古事記がわかる事典』、『万葉集神事語辞典』など。上代文学会、萬葉学会、美夫君志会、古代文学会、日本文学協会の各学会に所属。また、歌人としてさまざまな雑誌・新聞等に寄稿(『歌壇』、『短歌現代』『短歌新聞』など)。著書(共著)に『太陽の舟 新世紀青春歌人アンソロジー』。