もう一度学ぶヨーロッパの歴史 中世後期~近代

  • 川口講師
  • 川口 琢司(藤女子大学講師)
講師詳細

ヨーロッパはユーラシア大陸の西端に位置し、日本から遠く隔たっているにもかかわらず、日本人がさまざまな魅力を感じる世界です。その魅力の源を歴史に求めてみようというのが、本講座の目的です。毎回、ヨーロッパの歴史の本流を行くようなテーマでお話ししますが、エピソードも交えながら歴史の魅力を学べるような講座にしたいと思います。また、現在とのつながりにも触れますので、ご期待ください。今期も中世後期から近代にかけての重要テーマを解説します。
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。


1. 海洋国家ヴェネツィアとジェノヴァ
2. メディチ家の栄華
3. イタリア=ルネサンス
4. ハプスブルク家の登場
5. バラ戦争とテューダー朝の成立
6. スペイン王国の成立

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/4/8, 5/13, 6/10, 7/8, 8/12, 9/9
曜日・時間
第2週 水曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 12,540円 
持ち物など
※資料代実費

講師詳細

川口 琢司(カワグチ タクシ)
北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。文学博士。トルコ共和国留学後、(財)東洋文庫・奨励研究員を経て、現在、藤女子大学兼任講師。専門は近代以前の中央ユーラシアの言語・歴史・文化。著書に『ティムール帝国支配層の研究』(北海道大学出版会)、『ティムール帝国』(講談社選書メチエ)、共著に『中央ユーラシアの統合』(岩波講座世界歴史11)などがある。