森鴎外の史伝『北条霞亭(かてい)』に見る人間の運命

  • 大東講師
  • 大東 俊郎(元北海商科大学教授)
講師詳細

北條霞亭は1790年志摩の的矢の医者の長男に生まれ、京や江戸で学び、29歳まで貧乏な学究生活をしていました。その後、菅茶山の下で教え、42歳で福山藩から召されるといった通常人の生涯でした。ところが、鷗外はその家族や友人知己との交友や信条を事実に基き、年を追って克明に描き、まさに人間の運命を物語る叙事詩に仕上げました。鷗外はなぜ晩年このような史伝を書き、父子の生き方を描くことにこだわったのでしょうか。
※WEBでのお申し込みは開講日の1週間前までにお願いします。その後はお電話でお問い合わせください。

お申し込み
日程
2019/9/6
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,052円 一般 2,052円
持ち物など
※資料代実費

講師詳細

大東 俊郎(オオヒガシ トシロウ)
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。道立高校教諭を経て、広尾高校長、札幌稲西高校長、札幌北高校長、カナダ・レスブリッヂ大学客員教授、北海商科大学教授などを務める。現在 SEA国際教育研究所講師。