今村昌弘『屍人荘の殺人』を読む 論理性と幻想性の融合

  • 諸岡講師
  • 諸岡 卓真(北星学園大学准教授)
講師詳細

今村昌弘『屍人荘の殺人』(2017)は、「このミステリーがすごい!」など三つのミステリランキングで第一位を獲得し、本格ミステリ大賞も受賞した2010年代を代表する本格ミステリ作品です。その人気は留まるところを知らず、すでにマンガ化や映画化もされています。アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』のように、外部に脱出できない閉鎖された場所で殺人事件が起こるというストーリーですが、その閉鎖空間を作り出す方法が非常に特殊で話題を呼びました。本講座では、『屍人荘の殺人』の特殊な設定や緻密な謎解きに注目しながら、その面白さに迫っていきます。

お申し込み
日程
2020/4/18
曜日・時間
土曜 16:00~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,530円

講師詳細

諸岡 卓真(モロオカ タクマ)
福島県出身。早稲田大学第一文学部卒。北海道大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。北海道大学大学院専門研究員、藤女子大学非常勤講師、北海道情報大学准教授を経て、現在、北海学園大学准教授。著書に『現代本格ミステリの研究』(北海道大学出版会)がある。