今知りたい、アイヌ学・先住民学

  • 加藤・蓑島・北原・山崎各講師
  • アイヌ民族の祈り
  • ラマッ(霊魂)
  • 加藤 博文(北海道大学教授)
  • 北原 モコットゥナシ(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
  • 山崎 幸治(北海道大学准教授)
  • 蓑島 栄紀(北海道大学准教授)
全ての講師
講師詳細

北海道大学アイヌ・先住民研究センターの主要研究者4名によるアイヌ学・先住民研究の基礎と最新情報をお送りする講座が誕生します。
世界の先住民族との比較を基礎に、アイヌの歴史、精神文化、物質文化と先住民としての固有の権利などを考えます。

◇テーマと日程は、
①先住民族とは誰か 4月8日(水)
②日本人起源論とアイヌ民族の歴史 5月13日(水)
③北海道の歴史とアイヌ民族の歴史・先史時代編 5月27日(水)
④同・古代編 6月10日(水)
⑤同・中世編 6月24日(水)
⑥アイヌ民族の民具 7月15日(水)
⑦博物館とアイヌ文化 7月22日(水)
⑧アイヌ文化の魅力 7月29日(水)
⑨アイヌ文化と現代社会 8月5日(水)
⑩アイヌ文化研究のこれから 8月12日(水)
◇時間は18時半~20時
◇全10回
◇受講料(通し)・会員19800円
◇各回1回参加:会員2310円、一般2530円

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/4/8, 6/3, 6/10, 6/17, 6/24, 7/15, 7/22, 7/29, 8/5, 8/12
曜日・時間
水曜 18:30~20:00
回数
10回
受講料(税込)
会員 19,800円 
持ち物など
※資料代コピー実費別途

講師詳細

加藤 博文(カトウ ヒロフミ)
筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科を満期退学。筑波大学大学院地域研究科、島根県立大学北東アジア研究センターを経て、2001年から北海道大学大学院文学研究科北方文化論講座で考古学を担当。2010年10月から北海道大学アイヌ・先住民研究センターにて考古学担当教授に就任。北海道大学国際連携機構ロシアモスクワ・オフィス所長、ウプサラ大学考古学部客員教授、オックスフォード大学アジア考古学・芸術・文化センター客員研究員、イルクーツク国立大学名誉教授。
北原 モコットゥナシ(キタハラ ジロウタ)
北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授。1976年東京都生まれ。千葉大学博士課程修了(学術博士)。2005年よりアイヌ民族博物館学芸員。2010年に北海道大学同研究所に。アイヌの宗教文化やアイヌ語、口承文芸、芸能などの研究に長年携わる。
モコットゥナシの「シ」は小文字です。
山崎 幸治(ヤマサキ コウジ)
蓑島 栄紀(ミノシマ ヒデキ)
國學院大學 文学研究科博士後期課程修了。博士(歴史学)。苫小牧駒澤大学教授を経て、2014年4月より北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授。専門は日本古代史、北方史。著書に『古代国家と北方社会』(吉川弘文館)ほか、共著に『岩波講座日本歴史 第20巻 地域論』『北から生まれた中世日本』『日本古代の地域社会と周縁』『アイヌ史を問いなおす―生態・交流・文化継承』など多数。