• 見学可

札幌の街と自然を撮ろう ―写真の楽しみをご一緒に

  • 石井講師
  • 石井 一弘(写真家)
講師詳細

四季折々の札幌近郊の風景を撮りに出かけませんか。道庁や大通公園、北海道大学、時には足を伸ばして郊外へ。同じ場所でも季節によって表情が変わります。カメラの種類も経験も問いません。基本的な技術を学びながら、一緒に写真を楽しみましょう。     
※新規の方は一度見学なさってからお申し込みください。
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。
               

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/4/13, 6/8, 6/22, 6/29, 7/13, 7/27, 8/24, 8/31, 9/14, 9/28, 10/12
曜日・時間
第2・4週 月曜 10:00~11:30
回数
11回
受講料(税込)
会員 21,780円 
持ち物など
筆記用具、お持ちのカメラなど
その他
※8月31日分は相談後、他日に振替えます。※撮影実習時の交通費実費

講師詳細

石井 一弘(イシイ カズヒロ)
1941年東京生まれ。64年日本大学芸術学部写真学科卒業、同年4月朝日新聞東京本社写真部入社。91年5月から北海道支社報道部、2001年3月24日に定年退職。以後も札幌市内に定住し、北方領土と対峙する根室一帯のコンブ漁民の生活などを撮り続けている。定年を機に写真集「納沙布」を自費出版した。「西域南道」(札幌、東京、京都)、「納沙布」(札幌、根室、東京)、「風の景」(札幌、東京)などの写真展を開催。