神功皇后の新羅遠征 『古事記』と『日本書記』と

  • 岡本講師
  • 岡本 恵理(藤女子大学非常勤講師)
講師詳細

仲哀天皇の死後、皇后は新羅に向かいます。後の応神天皇を身ごもった状態で魚が船を背負って進んだと記す『古事記』、出産後に男装して軍隊を統率したと記す『日本書紀』。それぞれの神功皇后を追います。

この講座は終了しました
日程
2020/8/24
曜日・時間
第4週 月曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,200円
持ち物など
※資料代実費

講師詳細

岡本 恵理(オカモト エリ)
北海道出身。北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。学位論文は「『古事記』研究-垂仁記に関する考察-」。藤女子大学非常勤講師。