エスニック・アメリカの今を読む

  • 伊藤章講師
  • 伊藤 章(北海道大学名誉教授)
講師詳細

黒人や先住民、アジア系やヒスパニック系、ユダヤ系など、エスニック・マイノリティにとってアメリカで成長するとはどういうことなのか。 移民の両親とアメリカ生まれの子どもの間にはどういう葛藤が渦巻いているのか。移民ではない先住民や黒人の場合、アメリカはどういう社会であったのか。エスニック・マイノリティは、主流派や他のマイノリティとどのように折り合いをつけて生きているのか。そういった問題意識のもとに集められた、同時代のアメリカ人作家による短編集を精読することによって、「多様の中の統一」を国是としてきたアメリカの今を読み解きたい。 

前期の終了が10月7日となったため、後期は10月21日スタート、3月は1・3・5週です。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/10/21, 11/4, 11/18, 12/2, 12/16, 1/6, 1/20, 2/3, 2/17, 3/3, 3/17, 3/31
曜日・時間
第1・3・5週 水曜 10:30~12:00
回数
12回
受講料(税込)
会員 25,080円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
※Maria Gillan and Jennifer Gillan, eds. Growing Up Ethnic In America: Contemporary Fiction about Learning to Be American (Penguin Books, 1999) *Amazonなどで各自ご購入ください。

講師詳細

伊藤 章(イトウ アキラ)
北海道大学名誉教授
福島県相馬市生まれの釧路市育ち。北海道大学大学院文学研究科博士課程満期退学。北海道大学言語文化部・国際広報メディア研究科・教育学研究科教授、北星学園大学文学部教授を経て2018年退職。単著に『エトノスとトポスで読むアメリカ文学』(英宝社、2012年)と『アメリカ演劇とその伝統』(英宝社、2017年)、編著に『ポストモダン都市ニューヨーク』(松柏社、2001年)、共著に『アメリカ文学ミレニアム』(南雲堂、2001年)、『概説アメリカ文化史』(ミネルヴァ書房、2002年)など。