オペラ「悪魔のロベール」を楽しむ

  • 岩河講師
  • 岩河 智子(札幌室内歌劇場音楽監督)
講師詳細

グランド・オペラ様式の第一人者ジャコモ・マイアベーアが作曲した「悪魔のロベール」(1831年初演パリ・オペラ座)は、全5幕になる長大作オペラです。悪魔を父に、人間を母に持つノルマンディー公ロベールは、邪悪と優しさという二つの世界の中でもがき苦しみますが、最後には救われ、大団円のフィナーレを迎えます。地獄の合唱、バレエ「死んだ尼僧たちの踊り」など、ストーリーと音楽の関係をわかりやすくお話ししながら、作品の楽しみ方を紹介します

この講座は終了しました
日程
2020/2/14
曜日・時間
金曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,090円 一般 2,090円
持ち物など
※筆記用具をご用意ください。※資料代実費

講師詳細

岩河 智子(イワカワ トモコ)
国立音楽大学作曲科、同大学院作曲理論科修了。「わかりやすく、たのしいオペラ」を掲げて、札幌の音楽仲間と「NPO法人・札幌室内歌劇場」を結成、オペラ公演をはじめ全ての企画構成に携わる。国立音楽大学、同大学院講師。