言語としてのアイヌ語  今知りたい、アイヌ学・先住民学 続編②

  • 北原講師
  • アイヌ民族の祈り
  • ラマッ(霊魂)
  • 北原 モコットゥナシ(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
講師詳細

前期、人気を博した北海道大学アイヌ・先住民研究センターの主要研究者4名によるアイヌ学・先住民研究の基礎と最新情報をお送りする講座の続編を開催します。
世界の先住民族との比較を基礎に、アイヌの歴史、精神文化、物質文化と先住民としての固有の権利などを考えます。
今回はその2回目で、テーマは「言語としてのアイヌ語」。
講師は、当教室の人気講座「アイヌ文化の世界 内なる多様性」の講師を務め、アイヌの精神文化を語らることのできる最も優れた研究者(加藤センター長 談)として評価が高い北原モコットゥナシ准教授。ウポポイの展示指導や人気マンガ「ゴールデンカムイ」の監修もしていました。
内容は、アイヌ民族の言語について、身近な言葉や基礎的な表現をを取り上げながら、日本語や周囲の言語との比較を通してその特徴を解説します。また、先住権としての言語権の保障など、社会的な課題にも触れます。

◇その他のテーマと日程は、
①「アイヌ絵の世界」 10月13日(火)
<内容>19世紀半ば以前、アイヌには自らを描く文化はありませんでした。しかし江戸期以降に和人が描いた「アイヌ絵」が数多く残され、その研究も進んでいます。その中に何が描かれ、そこから何を読み取るかを、考えます。

②言語としてのアイヌ語 10月27日(火)

③アイヌと民藝 ~課題と展望~ 11月10日(火)
<内容>
「民藝」という言葉は「民衆的工芸」の略語で、大正時代に柳宗悦らによる生活文化運動として生まれました。本講座では、柳宋悦の著作を手掛かりとして、アイヌと民藝との関わりについて考えます。

④アイヌ施策推進法の背景と意義 11月24日(火)
<内容>
2019年4月にアイヌ施策推進法が制定され,翌月から施行されています。国会や内閣がアイヌ民族を先住民族と認めた2008年以降の検討プロセスと同法の内容を確認し,その意義について考えます。

◇時間は18時半~20時
◇全4回
◇受講料(通し)・会員8,800円
◇各回1回参加:会員2310円、一般2530円

この講座は終了しました
日程
2020/10/27
曜日・時間
火曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,310円 一般 2,530円
設備費(税込)
55円
持ち物など
※資料代コピー実費別途

講師詳細

北原 モコットゥナシ(キタハラ ジロウタ)
北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授。1976年東京都生まれ。千葉大学博士課程修了(学術博士)。2005年よりアイヌ民族博物館学芸員。2010年に北海道大学同研究所に。アイヌの宗教文化やアイヌ語、口承文芸、芸能などの研究に長年取り組み、ウポポイの展示・体験プログラムにも携わる
モコットゥナシの「シ」は小文字です。