南仏・プロヴァンス周遊

  • 柴橋講師
  • 柴橋 伴夫(詩人・美術評論家)
講師詳細

南フランス・プロヴァンスのキラリと光を放つ小都市と美術館をめぐります。美術だけでなく、建築、文学、音楽などからの視点をおりこみながら、一年間にわたり学びます。 
後期のテーマは、セザンヌのアトリエ、アルルとビゼー、アルルとゴッホ、ニースとイヴ・クラインなどを取り上げます。       

10月 古都エクス・アン・プロヴァンス散歩
11月 ポール・セザンヌのアトリエ
12月 アルルとビゼー
 1月 アルルとゴッホ
 2月 ファーブルとミストラル(詩人)
 3月 ニースとイヴ・クライン
 
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/10/6, 11/10, 12/1, 1/12, 2/2, 3/2
曜日・時間
第1週 火曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 12,540円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※資料代実費
その他
※1月5日が休みになり、1月12日(第2火曜)に振り替えます

講師詳細

柴橋 伴夫(シバハシ トモオ)
北海道生まれ。荒井記念美術館理事、北海道立文学館評議員、北海道美術ペンクラブ同人。著書に『風の王 砂澤ビッキの世界』、『聖なるルネサンス 安田侃』、『夢みる少年 イサム・ノグチ』『イタリア,プロヴァンスへの誘い』など多数。現在「美術ペン」に「日本の美と空間試論」連載中。