• トライアル可

ドイツ愛唱歌・愛唱詩を原語で楽しむ

  • 岩井講師
  • ゲーテ
  • ハイネ
  • 岩井 洋(酪農学園大学名誉教授)
講師詳細

ドイツの愛唱歌・愛唱詩を、一講座ごとに各1~2作品、原語で味わってみませんか。
実際に楽曲を聴き、原詩の意味をたどりながら作品を鑑賞していきます。歌・詩の訳や作品に込められた思いを知り、ドイツ語・ドイツに親しんでいただきたく思っています。

<講座の予定>
1月15日 ハイネの「ローレライ」(歌)と「花のような君に」(詩)
1月29日 「リリー・マルレーン」(歌)とヘルダリン「あたかも、祭りの日の朝のごとくに」(詩)
2月 5日 「ただひとたびの(「会議は踊る」より)」(歌)とメーリケ「ランプに寄せて」(詩)
2月19日 「すみれの花咲く頃」(歌)と リルケ「序詞プレリュード」「バラよ」(詩)
3月 5日 「白銀はまねくよ」(歌)とブッセ「山のあなた」(詩)
3月19日 「エーデルワイス」(歌)とゲーテ「野ばら」(歌・詩)

なつかしいあるいは初めての作品を原語で楽しみ、口ずさみ歌うレパートリーを広げられてはいかがでしょうか。ドイツ語を習われていない方もなにとぞ気軽にご参加下さい!

なお、12月25日に、プレ講座として公開講座「ベートーヴェンの『喜びの歌』を原語で楽しむ」を開催します!

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/1/15, 1/29, 2/5, 2/19, 3/5, 3/19
曜日・時間
第1・3・5週 金曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 13,200円 
設備費(税込)
330円

講師詳細

岩井 洋(イワイ ヒロシ)
1950年旭川市生まれ。北海道大学大学院文学研究科独文学専攻修士課程修了。博士(異文化コミュニケーション学)。酪農学園大学教授を定年・退任後も、いくつかの大学で非常勤講師を務める。著書に『国木田独歩空知川の岸辺で』(北海道新聞社)、共著に『たのしく読めるネイチャーライティング』(ミネルバ書房)、『フォリアa5号』(ふみくら書房)、『特集エコクリティシズム』(水声通信no.33)等。