怨霊の誕生と展開

  • 水口講師
  • 水口 幹記(藤女子大学准教授)
講師詳細

現代でもたまに見かける「怨霊」ということば。その始まりは、古代にありました。それは、生きた人びとの後ろめたさが生み出した単なる幻影かもしれませんし、実体を持った存在かもしれません。怨霊化した二人の人物(1日目:早良親王、2日目:菅原道真)を取り上げ、その様相をみていきます。

お申し込み
日程
2020/1/11, 2/8
曜日・時間
土曜 14:00~15:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 4,180円 一般 4,180円
持ち物など
※資料代実費(百円程度)

講師詳細

水口 幹記(ミズグチ モトキ)
東京都出身。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。博士(文学)。(中国浙江省杭州市)浙江工商大学日本語言文化学院・日本文化研究所特聘副教授、立教大学文学部助教を経て、現在藤女子大学文学部日本語・日本文学科准教授。著書に『古代日本と中国文化―受容と選択』、『渡航僧成尋、雨を祈る―『僧伝』が語る異文化の交錯』など。