北の自然は、いま 土地、人、生き物たちの物語

  • 深沢講師
  • アポイ岳
  • オオワシ
  • 深沢 博(元朝日新聞記者)
講師詳細

襟裳岬、アポイ岳、霧多布湿原、春国岱・・・北海道に残された貴重な自然遺産。そこにはその土地と守り続けた人々との物語があります。その物語と現状、未来を、現場を見守り続けたベテラン環境記者が語ります。

取り上げる地域
・アポイ岳
・襟裳岬
・霧多布湿原
・下川の森林
・春国岱
・野付半島
・猿払原野と湯沸湖
・利尻岳
・天売島 ウミガラスとウトウ
・奥尻島のブナ
・浜頓別・クッチャロ湖
など

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/6/18, 7/16, 8/20, 9/17, 10/15, 11/19
曜日・時間
第3週 木曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 13,200円 
持ち物など
※資料代コピー実費別途

講師詳細

深沢 博(フカサワ ヒロシ)
群馬県前橋市生まれ。上毛新聞社から30歳で朝日新聞社に入社。北海道報道部、東京写真部、旭川支局、根室支局、苫小牧支局を経て2019年8月に退職。67歳。「北海道自然100選紀行」(北大図書刊行会)、「知床を考える」(晩聲社)、「よみがえれ知床」(朝日新書)などに執筆。