「執権」とは何か―鎌倉幕府の管理人

  • 竹ケ原講師
  • 竹ヶ原 康弘(北海道教育大学非常勤講師)
講師詳細

鎌倉幕府において将軍は名目上だけの存在であり、政治の実権は執権が握っていたと言われます。執権の権力は何に基づいていたのか。北条氏が征夷大将軍になれなかったのには理由があるのか。日本史における執権の存在と、鎌倉幕府の執権について考察します。
※受講ご希望の方はまずお電話でご予約ください。

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました
日程
2019/12/14
曜日・時間
土曜 14:00~15:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,090円 一般 2,090円
持ち物など
※資料代実費(100円程度)
その他
講師の都合により当初予定の10月26日から12月14日(土曜)14時~15時30分に変更しました。

講師詳細

竹ヶ原 康弘(タケガハラ ヤスヒロ)
釧路市出身。北海学園大学大学院文学研究科日本文化専攻博士(後期)課程単位取得退学。武修館高等学校教諭を経て、2010年より北海道教育大学非常勤講師を務める。専門は日本中世政治史・宗教史。史学会、日本歴史学会、日本史研究会、北海道説話文学研究会、北海道教育大学史学会等に所属。