『万葉集』東歌を読む 4月から6月に変更しました

  • 小野寺講師
  • 小野寺 静子(元北海学園大学教授)
講師詳細

『万葉集』巻十四に収められていた東歌は、信濃、遠江以東の国々の歌で、230首あります。東国方言が多用され、農民生活に密着した歌がどのように採録されたかは不明ですが、『万葉集』の中でも特異な東歌を読み、味わいます。

お申し込み
日程
2020/6/19
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,530円
その他
※当初予定の4月17日から6月19日に変更しました

講師詳細

小野寺 静子(オノデラ セイコ)
北海道大学大学院博士課程を経て、北海道大学助手、札幌大学女子短期大学部・札幌大学文化部教授、北海学園大学人文学部教授を歴任。著書に『大伴坂上郎女』、『坂上郎女と家持~大伴家の人々~』ほか。