講義・体操・カラダの状況把握で元気な体作り 転倒骨折を防ぐ!

  • 講義の様子(鈴木英樹講師)
  • 足指の筋力を測定しています
  • 簡単で効果的な体操のひとつ
  • 鈴木 英樹(北海道医療大学教授)
講師詳細

毎日少しずつのトレーニングで筋力やバランス感覚、脳を鍛え、転ばない体を作りましょう。最新の科学に基づく講義と体操、筋力などの測定を毎回行い、効果を実感していただきながら、からだ作りを進める講座です。
家族の応援も重要。親子での参加も歓迎です。
講師は長年にわたり地域医療やリハビリ、在宅療養者の支援活動をはじめ、転倒骨折の予防活動に取り組んでいます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/4/20, 6/1, 7/6, 8/17, 8/31
曜日・時間
不定期 月曜 10:00~11:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 11,000円 
持ち物など
室内履き用の靴をお持ちください。動きやすい服装でご参加ください。
汗をかきますので、着替えの下着やシャツ等をお持ちください。(更衣室があります)
親子での参加も歓迎です

講師詳細

鈴木 英樹(スズキ ヒデキ)
北海道医療大学リハビリテーション科学部 理学療法学科長・教授。北星学園大学大学院文学研究科社会福祉課程社会福祉学専攻(修士課程)修了。弘前大学保健学研究科博士課程(博士;保健学)修了後、北海道大学医学部附属病院理学療法部や札幌市保健福祉局(健康増進課。介護保険課、身体障害者更生相談所)勤務。2006年、北のくらしと地域ケア研究所(キタライフ)を設立。2012年、北海道医療大学に。地域医療やリハビリの現場で在宅療養者の支援活動を続けている。日本地域理学療法学会運営幹事、・日本支援工学理学療法学会運営幹事、・一般社団法人日本訪問リハビリテーション協会理事