優しい日本の歌―「銀色の道」

  • 奥田講師
  • 奥田 圭子(声楽家)
講師詳細

幼い頃に親しんだ唱歌や童謡、メロディーのきれいな抒情歌などをご一緒に歌う1日です。今回は「銀色の道」をメインに歌います。作曲者の宮川泰が小学生時代に過ごした北海道紋別市の鉱山鉄道を思って作った曲です。「雪の降るまちを」「早春賦」も取り上げ、それぞれの歌詞の意味、歌の背景についても紹介しながら歌っていきます。

この講座は終了しました
日程
2020/2/19
曜日・時間
水曜 15:00~16:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 1,980円 一般 1,980円
持ち物など
筆記用具、上履き(スリッパなど)をご用意ください。

講師詳細

奥田 圭子(オクダ ケイコ)
武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科声楽専攻卒業。北星学園女子高等学校音楽科講師、北星ソルフェージュ教室講師、市内音楽教室講師を歴任。札幌市民芸術祭新人音楽会出演。ジョイントリサイタル等、北海道と東京を中心に多数の演奏会に出演。星音会、G・むさしの、北海道フーゴ―・ヴォルフ協会、全日本ピアノ指導者協会、日本障害者ピアノ指導者研究会各会員。