『伊勢物語』を楽しむ ―平安女性の憧れの君、在原業平

  • 田中講師
  • 田中 幹子(札幌大学教授)
講師詳細

色好みの真骨頂を『伊勢物語』の章段を読みながら味わっていきます。史実と物語の在原業平の虚実皮膜の文学を楽しみます。毎回1章を取り上げ、歴史的事実を踏まえ、和歌を堪能し、なぜ業平没後100年たって『伊勢物語』が生まれたかを考えていきます。
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/4/25, 5/23, 6/20, 7/25, 8/22, 9/26
曜日・時間
第4週 木曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 11,664円 
持ち物など
※資料代実費
その他
※講師の都合により6月27日が休みになり、6月20日に振り替えます。

講師詳細

田中 幹子(タナカ ミキコ)
札幌市出身。甲南女子大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。仏教大学、甲南女子大学、桃山学院大学などで非常勤講師を務め、2006年より札幌大学へ。現在、同大学文化学部教授。専門は中古、中世の和歌、物語。とくに平安から鎌倉時代の和歌や物語に見られる漢籍の影響(『白氏文集』が中心)を『和漢朗詠集』を軸に研究している。著書に『和漢朗詠集とその受容』、『和漢・新撰朗詠集の素材研究』ほか。