江戸川乱歩『D坂の殺人事件』『心理実験』を読む

  • 押野講師
  • 押野 武志(北海道大学教授)
講師詳細

江戸川乱歩『D坂の殺人事件』に貧乏青年の明智小五郎が初登場し、長屋を舞台にした密室殺人をめぐって、明智と「私」の素人による推理合戦が展開します。『心理試験』は、犯人の完全犯罪と思われた金貸しの老婆殺しを、明智が解決する倒叙型のミステリーです。両作品で明智が着目するのは、目撃証言や物的証拠ではなく、犯人の無意識の心理でした。精神分析家として登場した明智小五郎の探偵像に迫ります。
※WEBでのお申し込みは開講日の1週間前までにお願いいたします。その後は電話でお問い合わせください。

お申し込み
日程
2019/12/20
曜日・時間
金曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,090円 一般 2,090円
その他
※資料代実費(百円程度)

講師詳細

押野 武志(オシノ タケシ)
山形県出身。東北大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。広島文教女子大学専任講師を経て、現在、北海道大学大学院文学研究科教授。著書に『宮沢賢治の美学』、『文学の権能』(翰林書房)、『童貞としての宮沢賢治』(筑摩書房)、編著に『日本サブカルチャーを読む』(北海道大学出版会)など。