【オンライン講座】AERAギザ台地2020年度発掘調査報告 エジプト メンカウラー王のピラミッド& プラスターと屋根材の研究

  • ©Manami Yahata
  • ©Manami Yahata
  • 矢羽多 万奈美(エジプト考古学者(エジプト在住19年目))
講師詳細

『AERAギザ台地2020年度発掘調査報告』
~メンカウラー王のピラミッド河岸神殿西(MVT-W) & プラスターと屋根材の研究

講座内容:Ancient Egypt Research Associates (AERA: 米古代エジプト調査協会)はアメリカ人考古学者Dr.マーク・レーナーを隊長とするアメリカの発掘調査隊です。発掘現場はギザ台地に3カ所あります。①「ピラミッド・タウン」②「ケントカウエス女王の町」とそれに隣接する「メンカウラー王ピラミッドの河岸神殿」そして、③「クローマー・サイト」です。講演では今年調査をしたメンカウラー王ピラミッドの河岸神殿の最新発掘調査と私が研究をしている「クローマー・サイト」から出土した「プラスターと屋根材」の研究・分析について、エジプトのカイロから解説致します。

※エジプトカイロからの生配信です、不測の事態により開催できなかった場合は、別日に設定のうえご案内申し上げます。

★★〈オンライン講座注意事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。 
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(8/26まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は asaculonline03@asahiculture.com までご連絡ください。以降のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の前日に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline03@asahiculture.com までお問合せください。 
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。 
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。 
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

【8/26までお申込の方へ】 8/27 16時45分に講座へのご招待メールをお送りしました。
【8/27以降にお申込の方へ】講座への招待状は、8/29 10時45分までに皆様へお送り済みです。


今後9/26、10/24にもエジプトのギザをテーマにしたオンライン講座を開催する予定です、
募集がはじまりましたら、HPで告知いたします。

日程
2020/8/29
曜日・時間
土曜 17:00~18:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
持ち物など
・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline03@asahiculture.com までお問合せください。 ・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
その他
※エジプトカイロからの生配信です、不測の事態により開催できなかった場合は
 別日に設定のうえご案内申し上げます。

講師詳細

矢羽多 万奈美(ヤハタ マナミ)
1997年、エジプト考古学博物館で半年間研究員を務める。同年、リヴァプール大学エジプト学で修士号取得。2003~2015年、アイン・シャムス大学外国語学部日本語学科、ミスル科学技術大学言語・翻訳学部日本語翻訳学科、国際交流基金日本語文化センターで日本語教師。2005年よりAERA(米国古代エジプト調査協会)のギザの発掘調査に従事し、現在に至る。