舞踊考
  • 教室開催

  • 勝 道興(文学博士)
講師詳細

舞踊・舞踏をめぐって、その宇宙論的意味や象徴的所作などについて、表層と深層を行き
来しながら考えてゆきます。「遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん…」(梁
塵秘抄)と謡われるように、東西のダンス映像を折り込みながら、《からだ》の遊びを想い
起こし、その律動に共感できるように構成します。

【カリキュラム】
①8月4日 神話のなかのダンサーたちⅢ:
『古事記』あるいは『日本書紀』に登場するアメノウズメに焦点を当てて、宇宙論的逆転を惹き起こすその俳優(わざをき)にアプローチします。

②9月1日 ルキアノス「舞踏について」:
古代ローマの風刺作家であるルキアノスによるダンス論を取り上げ、マイム的な技法は究極的にいったい何を模倣しているのかを問います。

③9月29日 ヴァレリー「魂と舞踏」:
現代フランスの詩人、小説家、評論家であるポール・ヴァレリーによるダンス論を取り上げ、「炎」に喩えられるダンスの本質からフラメンコに言及します。

お申し込み

注意事項

日程が変更になりました。7月期は、8/4、9/1、9/29の3回です。、

日程
2022/8/4, 9/1, 9/29
曜日・時間
第1週 木曜 19:00~20:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 一般 10,230円
設備費(税込)
330円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、人間4のチラシをご確認ください。

講師詳細

勝 道興(カツ ミチオキ)
1961年生。関西大学大学院博士課程修了(文学博士)。関西大学大学院非常勤講師(専門は哲学、比較思想)。技術翻訳者(英独仏、工学・法律・芸術分野)。