モンゴル帝国の真実 史上最大の広域国家の実像に迫る

  • 村岡 倫(龍谷大学文学部教授)
講師詳細

今やモンゴルは日本人にとって身近な国の一つとなっています。夏休み、数多くの日本人がモンゴルに草原ツアーなどを目的に訪れますし、大相撲のモンゴル人力士たちはなぜあんなにも強いのか、と関心を寄せる方もおられるでしょう。しかし、ことモンゴルの歴史となると、チンギス・ハンという人物、蒙古襲来があったということ以外、あまり知らない人が多いのではないでしょうか。講座では、遊牧民の国家モンゴル帝国はなぜあれほどまでに強大化し、広大な領域を持つに至ったのか、その真実に迫ります。モンゴルの研究に長く携わってきた者の一人として、より多くの方々にモンゴルを知っていただければ幸いです。1年をめどにした講座です。(2019年7月開講)

【カリキュラム】
①10月18日 チンギス・カンのモンゴル高原統一 ―― その決め手は?
②11月15日 源義経チンギス・カン同一人物説に迫る ――その真偽は?
③12月20日 チンギス・カンの死とその後 ――墓をめぐる狂騒

お申し込み
日程
2019/10/18, 11/15, 12/20
曜日・時間
第3 金曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 一般 10,230円
持ち物など
教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらし9をご確認ください。

講師詳細

村岡 倫(ムラオカ ヒトシ)
1957年生。龍谷大学文学部史学科卒業。専門はモンゴル帝国史。共著書として『チンギス・カンとその時代』(勉誠社)、『概説中国史』下巻(昭和堂)などがある。