大地と自然を愛した画家 ミレーとバルビゾン派の世界 (オンライン講座)

  • ジャン=フランソワ・ミレー《落ち穂拾い、夏》1853年 油彩・麻布
  • ジャン=フランソワ・ミレー《種をまく人》1850年 油彩・麻布
  • 太田 智子(山梨県立美術館 学芸員)
講師詳細

《種をまく人》などで有名なフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレー(1814〜1875)は、ルソー、コローなどと並ぶバルビゾン派の代表として知られています。バルビゾン派とは、1830年〜1870年頃のフランス・バルビゾン村やその周辺に居住・滞在した画家たちの一派で、風景画や農民画などを多く生み出しました。ミレーの作品からも、豊かな自然とそこで働く人々への温かいまなざしが感じられます。今回は1978年の開館以来、ミレーやバルビゾン派の作品を数多く収集してきた山梨県立美術館の学芸員・太田智子さんが、所蔵作品《落ち穂拾い、夏》《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》などについてオンラインで解説します。

★★〈オンライン講座注意事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。 
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日当日朝まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は asaculonline004@asahiculture.com までご連絡ください。以降のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の前日夕方までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。 
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。 
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。 
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。 ・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行います。 ・開講日の前日夕方までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。

日程
2021/3/22
曜日・時間
月曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
その他
・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の前日夕方までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。 ・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。

講師詳細

太田 智子(オオタ トモコ)
東京大学人文社会系研究科修士課程修了。2006年より現職。西洋美術、現代美術を担当