「怪異」と占い~媒介者たちが語るもの(教室受講) (怪異学入門⑧)

  • 大江篤講師
  • 『日本後紀』に記された「怪異」の文字
  • 大江 篤(園田学園女子大学教授)
講師詳細

「怪異」はほんとうに存在するのかどうかはわかりません。しかし、ある不思議な出来事を「怪異」という情報として発信する人々とその言葉を受容するコミュニケーションによって成立します。怪異学では、様々なツールを使って、情報発信する宗教者等を「媒介者」と呼んでいます。この講義では、占いを操る媒介者に着目し、「怪異」の構造を考えます。

この講座は、東アジア恠異学会創立20周年記念講座 8回シリーズ「怪異学入門」の最終回です。

お申し込み

注意事項

教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも受講できるハイブリッド型講座として開講します。【このページは、教室受講のお申し込みページです】
※オンライン受講の方はこちらからお申し込みください⇒https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/e74b7e35-c6cf-7738-78e9-6013690c1d5e

日程
2021/3/28
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,630円
設備費(税込)
110円
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらし歴史37をご確認ください。
資料代を当日教室でお支払いください。

講師詳細

大江 篤(オオエ アツシ)
1961年生。関西学院大学博士(歴史学)。東アジア恠異学会代表。著書に『日本古代の神と霊』(臨川書店)、編著に『尼崎百物語』、共著に『怪異学の地平』『古代東アジアの「祈り」』『怪異学入門』など。