柳田国男『妖怪談義』を読む 日本の民俗をさぐる

  • 講師写真
  • 大森 亮尚(古代民俗研究所代表)
講師詳細

日本とは何か、日本人とは何かを問い続けてきたのが「日本民俗学」です。私たちの行動様式や思考法、感性などをもう一度古代に照らして眺めてみると、こころに眠る古代的要素がどんな姿で目覚めていくのか――。今期は柳田国男の『妖怪談義』を読み解きながら、日本の妖怪の姿を探ってみましょう。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/7/11, 8/8, 9/12
曜日・時間
第2週 木曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,748円 
持ち物など
※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、8番のちらしをご覧ください。

講師詳細

大森 亮尚(オオモリ アキヒサ)
1947年生。上智大学大学院博士課程修了。民俗学・上代文学・芸能史などを通じて日本人の霊魂信仰研究を専攻。武庫川女子大学、兵庫大学教授を経て現職。著書に『悲のフォークロア』『本朝三十六河川』『万葉恋歌』『万葉飛鳥ルネサンス』『日本の怨霊』ほか多数。