生誕250周年記念 ベートーヴェンのピアノソナタ全32曲をす… 第3回<一抹の不安と・・・>

  • 田尻 洋一(コンサートピアニスト)
講師詳細

ピアニストだったベートーヴェンにとって、ピアノソナタは作曲家としても最も重きを置いた楽曲であり、生涯にわたり32曲の作品を書き残しました。その変遷を辿ることは、ピアノ音楽の発展の歴史を辿ることでもあります。講座では、ベートーヴェンを敬愛してやまないピアニストの田尻洋一さんが、一年をかけ全32曲を解説付きで時代順に生演奏します。青年期から円熟期、晩年に至るベートーヴェンの心情の変化にも寄り添いながら、ピアノソナタの世界を堪能しましょう!(2020年1月期スタート)

≪演奏曲≫
ピアノソナタ第8番  ハ短調 作品13「悲愴」
ピアノソナタ第9番  ホ長調 作品14-1
ピアノソナタ第10番 ト長調 作品14-2
ピアノソナタ第11番 変ロ長調 作品22

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2020/7/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,740円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
【日程が変更になりました】 4/25 → 7/25 (5/27付)
窓口でお手続きされる方はちらし11をご確認ください。

講師詳細

田尻 洋一(タジリ ヨウイチ)
桐朋学園大卒業後、渡欧して天才I.ビレット女史の唯一の弟子として研鑽。1996年よりベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト、ショパン、シューマン、ブラームスのピアノ作品全曲を演奏するという世界でも類を見ない偉業を達成。また管弦楽曲の独自ピアノ編曲も多数手掛け、2012年にはベートーヴェン9交響曲全曲演奏を完遂した。生演奏の活動にこだわり、日本各地でのリサイタルはおよそ1000回にも及ぶ。2010年より毎年欧州公演にも招聘されている。スタインウェイハンブルグ本社よりスタインウェイ・アーティストの称号を授与されている。