歴史の道をたどる (現地講座)

  • 中田紀子講師
  • 中田 紀子(エッセイスト)
講師詳細

各地の名跡を訪れ、講師の説明を聞き、日本の歴史に思いを寄せながら学びます。山の辺の道、全長35キロを今期3回と、時期9月の1回に分けて歩きます。
青垣山めぐる大和の国、その東山裾を南(三輪)から北(奈良)まで延びる約35キロの道が「山の辺の道」です。この道は日本最古の道として、古代文化の伝播に大きな役割を果たし、いまなお日本の原風景が広がっています。第1回はその出発点三輪の地から始まります。そこには日本最古の「大神(おおみわ)神社」が鎮座し、御神体山「三輪山」が原初の神祀りの様と信仰を今に伝えます。川のせせらぎや鳥の声を感じながら、歴史を振り返り古代の世界に浸ります。
第2回は「内山永久寺跡の放生池が美しい景観を保ち、布留の里には武器が保管されていた記録のある物部氏ゆかりの石上神宮など」、第3回は「白川ダム湖から弘仁寺、円照寺」へ。

※4月から6月は休講となりました。9月再開予定としております。内容は未定です。


各回とも、終了は16時頃を予定しています。


 

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話06-6222-5222で

注意事項

設備費は講座運営維持費です。
※4月から6月は休講です。9月再開予定となります。

日程
/
曜日・時間
金曜 09:00~10:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,570円
設備費(税込)
330円
持ち物など
【持ち物】弁当、飲み物、敷物、雨具など 歩きやすい服装と靴など、ハイキング支度でご参加ください。なお、杖のある方はお持ちください。
その他
現地案内プリントをご確認ください。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、郵送でお送りします。)開講日以降の受講料の返金はできません。

★山裾を歩きますが、全工程に多少のアップダウンがあります。
★適時、昼食をとります。
★雨天実施いたします。 

講師詳細

中田 紀子(ナカタ ノリコ)
なら新聞社を経て1990年フリーに。以来、文学、歴史(社寺)、古(峠)道、風物を主題に新聞や雑誌に執筆。97年よりNHKラジオ第一放送早朝番組の奈良リポーターを務める。著書に『奈良大和の峠物語』『百職百人京の匠』。共著に『大阪の祭』ほか。