• 見学可

華やかな墨彩画 基礎から学べる

  • 天神祭・催太鼓
  • 美帆 秀映(日本美術家連盟会員 国際書画連盟理事)
講師詳細

新しい試みにチャレンジ、金箔銀箔を腐食させた後に絵を描きます。初めての方でもできる方法で日本画の特殊技法にトライします。他、掛軸や金仙紙に天女や立ち雛を描きます。1日体験では、季節の草花をハガキや小色紙に描きます(材料費660円)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/1/6, 1/20, 2/3, 2/17, 3/2, 3/16
曜日・時間
第1週・第3週 月曜 16:30~18:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,160円 
持ち物など
持ち物:筆拭き用布・半紙・ハガキ(画仙紙)10枚・チューブの胡粉
用具一式(長流中筆、面相筆<小>、墨汁、平筆<7号>、顔彩<18色>)9,936円 ※要予約
その他
受付窓口にてお手続きの方は、ちらし26をご確認ください。

講師詳細

美帆 秀映(ミホ シュウエイ)
一陽会委員上田春雄にデッサン、油絵を学ぶ。京都・円山四条派画家故三輪華船(日本画と水墨画)現代水墨画家故白石保に師事。1995年毬那會(まりなかい)を創設。兵庫県水墨画協会副理事長、国際書家連盟常任理事、京都墨彩画壇常任理事、関西扇面芸術協会常任理事 大阪支部長。