牽牛子塚古墳と飛鳥の王墓(教室受講) 中尾山古墳とその時代を考える③
  • 教室開催

  • 牽牛子塚古墳 石槨(南から)
  • 西光 慎治(明日香村教育委員会文化財課調整員)

飛鳥時代、壮麗な八角墳が造営されました。名前は小市岡上陵(おちのおかうえのみさざき)。墳丘は凝灰岩切石で装飾し、埋葬施設は終末期古墳としては破格の規模を有しています。豪華な夾紵棺をはじめ、東アジア最古とされる七宝飾金具は飛鳥文化の最高峰とされています。飛鳥を彩った八角墳の全貌に迫ります。

この講座は終了しました

注意事項

こちらの講座は、Zoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
オンラインでの受講を希望される方は、別コード「牽牛子塚古墳と飛鳥の王墓(オンライン受講)」講座を選択していただき、お申し込みください(オンライン講座のお申し込みはウェブからのみ承ります)。

日程
2021/8/28
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,410円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方はちらしをご確認ください。