蓮如の教えに学ぶ
  • 教室開催

  • 講師写真
  • 貫名 譲(大阪大谷大学教授)
講師詳細

本願寺中興の祖とされるのが蓮如(1415~1499)です。蓮如が本願寺を再興させた大きな要因は、門信徒との強いつながりでした。蓮如は人々の要望に応える形で、浄土真宗の教えを平易な言葉で綴った文を記しています。それらは、いま「御文章(ごぶんしょう)」とか「お文(ふみ)」と呼ばれ、主なものは5帖80通にまとめられています。80通の中からよく読まれるいくつかを取り上げ、蓮如の教えをうかがってみようと思います。(2021年4月開講。1年間を予定)

【予定カリキュラム】
  阿弥陀仏とは
  「南無阿弥陀仏」とは
  信心と念仏

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2021/8/3, 8/31, 9/28
曜日・時間
火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 
設備費(税込)
330円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、人間2番のちらしをご覧ください。


講師詳細

貫名 譲(ヌキナ ユズル)
1967年生。龍谷大学大学院博士課程単位取得。龍谷大学非常勤講師・大阪大谷大学短期大学部(旧大谷女子短期大学)教授を経て、2012年より現職。専門は親鸞思想、特に念仏と信心について。共著に『「教行信証」に問う』など。