【教室受講】源氏物語の謎をたどる
  • 教室開催

  • 伊井 春樹(大阪大学名誉教授)
講師詳細

『源氏物語』は成立した当初から、評判の物語として多くの読者を魅了してきました。時代を経るにしたがい、すばらしい物語とますます評価が高まるにつれ、さまざまな謎や伝説が生まれ、解釈の違いによる諸説が飛び交いました。平安時代の貴族の世界から、鎌倉の武士や室町時代になると、ますます生活、風俗、習慣も異なり、本文の違いも生じ、ことばの意味も変化してきます。人々は、内容をよく理解しようとするにつれ、伝称や謎も広がり、解釈においても対立が生まれました。巻を追って物語の内容をたどり、不思議な説や解釈の違い、伝承の世界を、関連する多くの資料とともに読み解いていきます。

<各回テーマ>
7月 桐壺更衣は、なぜあれほどいじめられたのか(桐壺)
8月 桐壺更衣のモデルは楊貴妃だったのか(桐壺)
9月 高麗(こま)の相人は、若宮(源氏)の運命をどのように予想したのか(桐壺)

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/41f40ab3-37a7-f5f3-d887-6253e429452b

教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/7/20, 8/17, 9/21
曜日・時間
第3週 水曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,570円 一般 10,560円
設備費(税込)
330円
持ち物など
窓口でお手続きされる方は、文学13番のちらしをご確認ください。設備費は教室維持費です。資料は実費(1枚20円)をいただきます。※設備費は、教室維持費です。

講師詳細

伊井 春樹(イイ ハルキ)
1941年生。広島大学大学院博士課程修了、文学博士。大阪大学大学院教授、人間文化研究機構理事、国文学研究資料館館長、逸翁美術館理事、逸翁美術館館長を経て現職。著書に『一千年目の源氏物語』『世界が読み解く日本』『ゴードン・スミスの見た明治の日本』『源氏物語を読み解く100問』ほか多数。