今すぐできる漢方養生A(講義) からだの小宇宙から食をひもとく~薬膳栄養学Ⅱ

  • 中本 かよ(一般財団法人 大阪漢方医学振興財団理事長)
講師詳細

約3000年前の中国には食医・疾医(内科)・傷医(外科)・獣医の区別があり、“食”で病気を予防、治療する医師が名医とされていました。食物には五気(寒性・涼性・温性・熱性・平性)、六味(酸・苦・辛・甘・鹹・淡)があり、それにより五臓(肝・心・脾・肺・腎)を助ける効果があらわれます。五臓の調和は、身体の健康はもとより感情をも安定させます。講座では、季節の変化と身体の状態を感じ取り、なぜその状態が起こり、その解消のために何をするべきかを考えます。

内容は前回と異なります、どなたでもご受講いただける内容です。
B(実践) 足から元気になる足助體操(体操)が14:45からございます、
ご希望の方は別途お申込みください。

この講座は、初回からの受講料を全額いただきます。

この講座は終了しました

注意事項

B(実践) 足から元気になる足助體操(体操)が14:45からございます。
ご希望の方は別途お申込みください。

日程
2019/9/8
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,564円
その他
窓口でお申込みの方は別紙をご覧ください。開講日以降のご返金はできませんのでご了承ください。
会場は朝日カルチャーセンター 中之島教室です
https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/access

講師詳細

中本 かよ(ナカモト カヨ)
近畿大学医学部卒業、大阪市立大学第三内科入局、胃癌の病理研究に取り組む一方で漢方医学に出会い大阪漢方医学振興財団非常勤医師として勤務。1998年より大阪漢方医学振興財団付属診療所所長。2007年より財団理事長を兼務。大阪市立大学医学部卒後教育学非常勤講師。自ら足助體操の指導を受け、東洋医学的見地からも素晴らしい体操であると実感。足助體操の正しい継承と普及のため、2014年足助式医療體操協会を設立。