• 見学可
  • トライアル可

想い出ひもとくなつかしのメロディー
  • 教室開催

  • 喜多 光三講師
  • 喜多 光三(大阪信愛女学院短期大学非常勤講師)
講師詳細

戦前、戦後を通して蓄音機やラジオ、テレビから流れた流行歌。「歌は世につれ、世は歌につれ」の通り、懐かしい数々のメロディーは、その時代、時代を映し出します。懐かしい往年のヒット曲を皆でいっしょに歌いながら、あなたの想い出を掘り起こしてください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

7月29日は休講になりました。9月30日に補講をおこないます(8/5)。

日程
2022/7/8, 7/22, 8/26, 9/9, 9/23, 9/30
曜日・時間
第2週・第4週 金曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,038円 
設備費(税込)
660円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、音楽・舞踊20番のちらしをご確認ください。
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

喜多 光三(キタ コウゾウ)
大阪芸術大学芸術学部演奏学科卒業。現在、主に関西を中心に演奏活動を行う。これまでに関西フィルハーモニー管弦楽団との共演の他、フレッシュアーティストコンサート等に出演している。多数の合唱団や、声楽・管・弦・打・ソリストの伴奏者としても、多くの演奏会を手掛け、作曲・編曲家としても幅広く活躍中。1993~2006年まで大阪フィルハーモニー合唱団の伴奏も務め、これまでに故ジャン・フルネ、 エンニオ・モリコーネ、ペンデレツキー、ザンデルリンク、秋山和慶、故若杉弘、各氏などの国内外の著名な指揮者の下、アンサンブル・ピアニストとして研鑽を積む。合唱指揮者としてベートーヴェン「第九」やミサ曲、レクイエム等の宗教曲など積極的に取り組む。現在、大阪信愛学院大学講師、 朝日カルチャーセンター中之島、川西各講師、大阪ガス合唱部指揮者、東成第九を歌う会合唱指導者。またアコーディオン奏者としても数々の演奏会に出演。