鎌倉期の足利氏と承久の乱 (オンライン講座)

  • 花田卓司講師
  • 花田 卓司(帝塚山大学文学部日本文化学科 准教授)
講師詳細

今から800年前の承久3年(1221年)、朝廷を率いる後鳥羽上皇は北条義時討伐を掲げて挙兵しましたが、鎌倉幕府の軍勢に敗れて隠岐へ流されました。この「承久の乱」は幕府と朝廷との関係を一変させることとなった大事件であるとともに、後に室町幕府将軍となる足利氏にとっても飛躍のきっかけとなる重要な出来事でした。今回の講座では、承久の乱前後の政治情勢を概観しながらその歴史的意義を論じるとともに、足利氏にとっての承久の乱について考えていきます。

★★〈ハイブリッド型・オンライン講座注意事項〉
・本講座は中之島教室でおこなう講座を、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使って受講していただくハイブリッド講座です。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でも視聴いただけます。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日の当日朝9時半まで)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はasaculonline004@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・前日夕方までに講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。(直前のお申し込みの方は、開講時間までにお送りします。) 弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

この講座は終了しました

注意事項

教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド型です。中之島教室での受講を希望される方はこちら→
https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/21559d9e-a7d3-1b5c-00a6-608676ecf115

日程
2021/6/28
曜日・時間
月曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,410円
持ち物など
・本講座はZoomを使用したオンライン講座です。開講日の前日に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline004@asahiculture.com までお問合せください。 ・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらしをご確認ください。
資料代を当日教室でお支払いください。

講師詳細

花田 卓司(ハナダ タクジ)
立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。立命館大学文学部非常勤講師、京都光華女子大学非常勤講師、日本学術振興会特別研究員などを経て、2016年4月より帝塚山大学文学部講師、2019年4月より現職。主な論文に「南北朝期室町幕府における守護・大将の所領給付権限」(『古文書研究』66号、2008年)、「観応の擾乱期の恩賞宛行」(『日本文化史研究』50号、2019年)、「「相良家文書」の将軍家政所下文」(『藝林』69巻1号、2020年)など。