コールリッジ の「クブラカーン」 を読む

  • 安藤幸江講師
  • Samuel Taylor Coleridge
  • フビライ・カン
  • 安藤 幸江(大阪府立大学名誉教授)
講師詳細

英国のロマン派詩人であり、批評家、哲学者でもある、S.T. コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge)の3大傑作の一つといわれる「クブラカーン」(”kubla khan”) を読みます。これは、モンゴル帝国の皇帝から初めて中国元朝の皇帝になった、フビライ・カンがタイトルになった詩です。コールリッジは、ザナドゥにフビライ・カンが造った夏の宮殿についての一節を読みながら、アヘンを吸って眠りに落ち、目覚めるとすぐに書いたといわれています。バイロンに勧められて、1816年に出版したこの詩は、現代、高く評価されていて、詩の選集には必ず入っている作品です。54行の長編詩を鑑賞します。
お申し込みの際に受付でプリントをお渡しします。

途中、12:00~12:15に休憩時間を取ります。
お申し込みの際に受付でプリントをお渡しします。

この講座は終了しました
日程
2019/6/20
曜日・時間
木曜 10:30~13:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,456円 一般 3,996円
持ち物など
お申し込み時に、受付でプリントをお渡しします(実費をいただきます)。
その他
途中、12:00~12:15に休憩時間を取ります。
窓口でお手続きされる方は、7~9月期のちらし18をご確認ください。
教室内での録音、写真撮影は固くお断りします。

講師詳細

安藤 幸江(アンドウ ユキエ)
大阪女子大学卒。同志社大学大学院修士課程修了。大阪大学大学院博士課程単位取得満期退学。大阪女子大学教授、大阪府立大学大学院教授を経て、現在、大阪府立大学名誉教授。イギリス・ロマン派学会理事。