【教室受講】天皇陵古墳を学ぶ5 ヤマト政権の一大勢力
  • 教室開催

  • 佐紀御陵山古墳(奥に佐紀石塚山古墳)
  • 今尾 文昭(関西大学非常勤講師)
講師詳細

古墳時代の幕開けを告げる3、4世紀。奈良盆地東南部に山辺・磯城古墳群、次いで盆地北部に佐紀古墳群が出現、4世紀なかばに二つの大古墳群が並び立ちます。古墳群には当時の中央政権の実情が反映しています。第1回では、これをどのように解くかを考えます。「大王の棺」とよばれる長持形石棺の出現を探る手掛かりが佐紀石塚山古墳(現、成務天皇陵)にあります。陪塚の初現事例も認められます。第2回では、5世紀の古墳時代中期につながる要素を育んだ佐紀古墳群について学びたいと思います。
2月23日(水) ヤマト政権の一大勢力(上)~並び立つ二つの大古墳群―佐紀古墳群と山辺・磯城古墳群
3月23日(水) ヤマト政権の一大勢力(下)~長持形石棺の出現と佐紀石塚山古墳(現、成務天皇陵)

この講座は終了しました

注意事項

教材としてプリントをお配りする場合、実費(1枚20円)をいただきます。
・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/cc600ccf-9e0b-7b7c-0828-617a74c746b0
教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2022/2/23, 3/23
曜日・時間
水曜 13:00~14:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 5,940円 一般 6,600円
設備費(税込)
220円
持ち物など
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は歴史ちらし36のちらしをご覧ください。

講師詳細

今尾 文昭(イマオ フミアキ)
1955年生。同志社大学文学部卒業。78年奈良県立橿原考古学研究所入所。同研究所附属博物館学芸課長、同研究所調査課長を歴任。2016年定年退職。現在、関西大学非常勤講師。博士(文学)。日本考古学。著書に『古墳文化の成立と社会』 『律令期陵墓の成立と都城』『ヤマト政権の一大勢力 佐紀古墳群』など。