文学散歩 1日体験 ~名作に出会う旅
  • 教室開催

  • 横井 三保(関西文学散歩の会代表)

読書は新しい自分を見つける旅。古典から現代作家の作品まで、舞台や作家ゆかりの地を辿り、新たな自分探しの旅に出ましょう。時に作品の背景となる歴史を探訪し、ご希望の方は食通作家ゆかりの店で昼食も。

【行程】※内容は変更になる場合もございます、事前にお渡しする集合案内でご確認ください。
◇10月1日(金)高橋直樹『源氏の流儀・源義朝伝』
父と弟を裏切り、自らも悲劇の最期を遂げた源義朝は、頼朝・義経の父で、平清盛が最も恐れた男とも伝わります。源氏の流儀とは、八幡太郎義家、賀茂次郎義綱、新羅三郎義光などの豪傑に受け継がれた河内源氏の生き様を受け継いだものだったかもしれません。河内源氏発祥の地で、その流儀を考えます。
(高橋直樹「源氏の流儀・源義朝伝」文春文庫)
◇集 合 近鉄「上ノ太子」駅・改札口 10時00分

◇体験すると入会金が半額に◇
  体験をご受講後、3か月以内に定期講座「文学散歩」にお申し込みいただくと、入会金が半額(通常5,500円→2,750円)になります。詳しくは窓口かお電話でおたずねください。

この講座は終了しました

注意事項

■1週間前までにお申込ください

日程
2021/10/1
曜日・時間
金曜 10:00~13:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,190円
持ち物など
■定期講座と併設です
■ご希望の方のみ、昼食に現地食堂をご案内することがあります(別途1,000~3,000円ほど必要)。
その他
窓口でお手続きの方は、現地7のちらしと受付プリントをご確認ください。定期講座と併設です。
行き先により時間・集合場所を多少変更する場合がございます。