戦国時代を歩く 高屋城跡へ 現地講座

  • 福島 克彦(城郭談話会会員)
講師詳細

高屋城は、河内守護職畠山氏の居城です。南河内の台地上に築かれ、15世紀末から文献史料に登場しています。その構造上の特徴としては、第一に伝安閑天皇陵を本丸としており、陵墓を利用している点があげられます。第二に16世紀中葉までは、山科本願寺と並んで、近畿地方最大級の平地の城だったと思われます。城は天正3年(1575)の織田信長による城攻めまで存続します。残念ながら、近年の住宅開発で遺構は大半失っていますが、地形や高低差から振り返ってみたいと思います。
集合:近鉄古市駅改札出たところ  9時半集合 (解散は15時過ぎを予定しております)
行程:集合後、午前中は市民会館にて講義、その後昼食をとり、昼食後(12時以降)、
    高屋城跡へ向かい南へ歩きます。
【持ち物】お弁当、飲み物、敷き物、雨具、軍手、筆記用具。 歩きやすい服装と靴でご参加ください。
      *日よけ用の傘をお持ちください 
      *暑さ、熱中症対策を必ず各自で ご用意、準備ください。
      *当日約500円(施設使用料)を徴収いたします。

この講座は終了しました
日程
2022/8/28
曜日・時間
日曜 09:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 4,180円 一般 4,730円
設備費(税込)
110円
持ち物など
※当日は必ずマスクをご持参ください。※少雨実施です。但し、前日の天気予報で大雨・大雪などの警報が出ている場合は、前日の午後に中止もしくは順延のご連絡を差し上げます。
集合:近鉄南大阪線 「古市駅」 改札出たところ  9時半集合 (解散は15時過ぎを予定しております)
【持ち物】お弁当、飲み物、敷き物、雨具、軍手、筆記用具。 歩きやすい服装と靴でご参加ください。
      *日よけ用の傘をお持ちください 
      *暑さ、熱中症対策を必ず各自で ご用意、準備ください。
      *講義、休憩用にお部屋代、施設使用料を当日いただきます(約500円を予定)
      ※交通費、現地見学費は各自お支払いください。
その他
★キャンセル手数料は前々日の8/26まで550円、以降当日はご返金ができません。

講師詳細

福島 克彦(フクシマ カツヒコ)
1965年生。立命館大学文学部卒。愛知県立知多高等学校教諭、大山崎町歴史資料館学芸員を経て現職。専門は日本中世史、城郭史。著書に『畿内・近国の戦国合戦』。