【オンライン受講】 覇権の世界史 「世界システム論」とは何か (オンライン講座)
  • 教室開催

  • 大英帝国はかつて世界の陸地の約1/4を支配した
  • 山下範久講師
  • 山下 範久(立命館大学教授)
講師詳細

歴史上、世界の覇権をめぐる争いは繰り返されてきました。2019年8月に亡くなったイマニュエル・ウォーラーステイン氏は、国際政治・経済に圧倒的な影響力を持つ覇権国家は、17世紀のオランダ、19世紀の英国、20世紀の米国であり、このシステムによって途上国は収奪されてきたという「世界システム論」を提唱しました。一国の歴史観ではなく、地球規模の視点で資本主義を見据え、近代世界を一つのシステムとして捉える概念は、その後の歴史観に大きな影響を与えました。中国が米国の覇権を脅かす存在となりつつある今、歴史は新たな段階に入ったのでしょうか。ウォーラーステイン氏に師事した講師が、大分岐や人新世という新たな論も紹介しながら、歴史の捉え方を多角的に解説します。 (講座時間に途中休憩を含みます)

※9月下旬に講師が監修・翻訳を手掛けた『生命の網のなかの資本主義』(J・W・ムーア 著、山下範久 監修・翻訳、滝口良 翻訳、東洋経済新報社)が刊行されます。講座の後半でも同著の内容に少し触れる予定です。

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合はasaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は asaculonline009@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/10/2
曜日・時間
土曜 15:30~18:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,960円 一般 4,290円
その他
中之島教室での受講をご希望の方は、別ページからお申し込みください。(お申し込み後のご変更は手数料を申し受けます)https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/15f3c145-2d6e-a109-7af7-60fe4ffeec98

講師詳細

山下 範久(ヤマシタ ノリヒサ)
1971年生。東京大学卒業。同大学院博士課程単位取得退学。米国ニューヨーク州立大学ビンガムトン校大学院修士課程修了。「世界システム論」を提唱したイマニュエル・ウォーラーステインに師事した。北海道大学大学院助教授、立命館大学准教授を経て、現職。2010年に英国サセックス大学国際関係学部スクール・オブ・グローバル・スタディーズ客員研究員。専門は歴史社会学、世界システム論、比較文明学。著書に『世界システム論で読む日本』(講談社選書メチエ)『現代帝国論―人類史の中のグローバリゼーション』(NHKブックス)『教養としての世界史の学び方』(東洋経済新報社)『教養としてのワインの世界史』(ちくま文庫)など多数。訳書に『リオリエント』『知の不確実性』(藤原書店)など多数。ワインに関する造詣も深く、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート資格、米国ワインエデュケーター協会認定スペシャリスト・オブ・ワイン(CSW)資格を持つ。