江戸時代の地図絵師と伊能忠敬の系譜
  • 教室開催

  • 伊能忠敬像(富岡八幡宮)
  • 本渡 章(作家)
講師詳細

 江戸時代は多くの地図絵師が活躍し、個性を競いました。日本の山河、街々の姿を人々は自在な絵筆で描かれた地図を通して知ったのです。石川流宣、長久保赤水など一時代を築いた作者たちの作品とその見どころ、さらに実測地図のパイオニア伊能忠敬の足跡を、昭和の伊能忠敬と呼ばれた絵師井沢元晴の逸話とともに紹介します。

お申し込み
日程
2021/12/17
曜日・時間
金曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
その他
資料を配布する場合は、コピー代実費をいただきます。
窓口でお手続きされる方は、歴史 44のちらしをご覧ください。

講師詳細

本渡 章(ホンド アキラ)
1952年生。放送大学卒。日本文芸家協会会員。1996年第3回パスカル短編文学新人賞優秀賞受賞。著書『大阪古地図むかし案内』『続大阪古地図むかし案内』など。