日本国憲法のこれまでとこれから

  • 井上 武史(関西学院大学大学院司法研究科教授(憲法学))
講師詳細

憲法改正、平和主義、人権尊重という憲法の3つの主要なテーマを取り上げて、これまでの憲法の歩みをふり返り、これからの展望を考えたいと思います。本講座は、データや事実に基づいて日本国憲法の特徴や現況を客観的に明らかにし、また他国の憲法との比較を通じて日本国憲法を相対的に見るという方法を通じて、護憲・改憲という立場にとらわれず、日本国憲法の成果と課題を冷静に考える機会を提供できればと思っています。

【カリキュラム】
①1月25日  憲法改正とは?
②2月29日  憲法9条の平和主義とは?
③3月28日  日本の人権問題

お申し込み
日程
2020/1/25, 2/29, 3/28
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,900円
その他
窓口でお手続きされる方は、ちらし16をご確認ください。

講師詳細

井上 武史(イノウエ タケシ)
1977年生まれ。京都大学大学院法学研究科修了。博士(法学)。専門は憲法学。パリ第1大学客員研究員、九州大学准教授などを経て現職。著書に『一歩先への憲法入門』(有斐閣)など。