大阪古地図むかし案内 阿倍野の熊野街道を行く

  • 熊野街道の案内図
  • 本渡 章(作家)
講師詳細

四天王寺と住吉大社にはさまれた阿倍野は、熊野街道と阿倍野街道が重なる歴史の街。仏と神の信仰が交わって、数々の伝承を育んできました。空海、北畠顕家、吉田兼好、陰陽師の安倍晴明のゆかりの地でもあります。教室では江戸~近代の古地図を読み解きつつ、天王寺と住吉のふたつの文化圏が交錯する阿倍野の足跡をたどります。町歩きでは熊野街道の碑が連なるかつての街道筋を中心に、安倍晴明神社・安倍王子神社・馬車鉄道跡・松虫塚・吉田兼好藁打ちの石・北畠顕家の墓などの史跡を訪ねます。

お申し込み
日程
2020/4/27, 5/11
曜日・時間
月曜 10:00~12:00
回数
2回
受講料(税込)
会員 5,940円 一般 6,600円
設備費(税込)
220円
持ち物など
※設備費は、教室維持費・講座維持管理費です。
その他
窓口でお手続きの方は、ちらし7をご確認ください。1回目の教室授業時に、2回目の現地案内を配布いたします。現地の解散時間は12時30分頃の予定です。交通費・現地見学費は各自でご負担いただきます(雨天決行)

講師詳細

本渡 章(ホンド アキラ)
1952年生。放送大学卒。日本文芸家協会会員。1996年第3回パスカル短編文学新人賞優秀賞受賞。著書『大阪古地図むかし案内』『続大阪古地図むかし案内』など。